2013-11-09

スリ・クルーズ、山登り&離婚の原因

スリちゃん、table mountainというところへ遊びに。


抱っこされている姿をみて、中国でのjustin bieberを思い出してしまいました(笑)
ギプス取れたっぽいかな??







ボディガードかスタッフさんなのか、、、?
これがトムちんだったらな。。。涙




ところで、「スリちゃんを捨てた!」とかき立てた「in touch」と「life and style」を正式に訴えることにしたトムちん。
今まで謝罪と訂正を求めていたがそれに応えてもらえなかったのが、訴訟に踏み切った理由。訴訟となれば、サイエントロジーのことやスリちゃんとの関係のことを細かく話す必要があるので、そんな雑誌のいうことほっとけばいいのに、、、って思ってたんですが。

(私の超下手な英語解釈により、意図が間違ってたりするかもしれませんがお許しください。訂正などあったら教えてね。いろんなニュース記事が出てますがRadar Onlineのリンクを)


●スリちゃんに会えなかったことについて
6月の離婚申請から11月の感謝祭までは、撮影がロンドン・アフガニスタンで行われていたこともあり、110日以上会えなかったが電話は欠かさなかったという。(実際は10日間会ったそう)
ただ、この間にアフガニスタンからロンドンへサイエントロジーの行事へ参加したことを指摘され、「離婚となると、面会についての取り決めなどもあり、この件とは事情が違う」と否定。

“It’s not an ideal scene. It’s not an ideal situation,” he said. ”You have to work at it. I’ve gotten very good at it. I tell wonderful stories,” he said. “I also find that, you know, Suri is a very happy child, and confident, and has a good sense of herself.”

(物理的に会えないことは)理想的な状況ではなかったけれども、それに対応するしかなかった。私はそういうのが得意でね、娘にはたくさん話をしたよ。そしてわかったんだ、娘は本当にハッピーで自分に自信とセンスを持った子なんだって。

●離婚原因がサイエントロジーなのかについて
おそらく世間の興味はここでしょうね。

"Do you believe it to be false that Ms. Holmes left you in part to protect Suri from Scientology?"
"I find it very offensive.There is no need to protect my daughter from my religion.”
"Ms. Holmes has never indicated in any way that was one of the reasons she left you? …To protect Suri from Scientology?”
And the Mission: Impossible actor eventually responded: "Did she say that? That was one of the assertions, yes."


-ケイティホームズがあなたから去った理由の一つがサイエントロジーだと思わないか?
侮辱的な質問ですね、私の宗教から娘を”守る”必要なんでひとつもありません。

-とはいえ、なんらかの方法で表していませんでしたか? スリちゃんをサイエントロジーから守るためだと。
「彼女がそういったんですか? そうです、それも理由のひとつです」

●スリちゃんとの関係について

'Things change. And certainly what doesn’t change is the love that I have for my daughter, the fact that I didn’t abandon her emotionally, physically or otherwise.'

「物事は変化していくものだけど、娘に対する愛情と、私が娘を感情的にも実質的にも拒絶などしていないという事実だけは変わらない。」

"I have in no way cut Suri out of my life - whether physically, emotionally, financially or otherwise . . . Even during the times when I was working overseas and was not able to see Suri in person, we were (and continue to be) extremely close."And firing back at an In Touch headline, which read "Abandoned by Daddy", he adds: "As my numerous emails with Suri's mother during this time period demonstrate, I was a constant presence in Suri's life."

「私が生活から娘を追い出すなんて断固あり得ない。たとえ、海外で撮影していて娘に会えない日が続いても、私たちはこれまでもこれからも、とても近い存在だ」

それから「パパに捨てられた」という雑誌の見出しについて「離婚申請後もケイティとはたくさんメールのやりとりをし、そんな時期でも私は常に娘の生活にいた」

"While I'm sure my daughter misses me when I am not with her (as I miss her), she is a very happy child," the actor's statement read.
Suri, he continued, "has never indicated, in words or substance, that she has ever felt abandoned by me".
私が娘に会えないときは、私と同じように娘も悲しんでいるが、娘はハッピーな子だ。そしてスリは私に捨てられたとは、言葉でも態度でも、一切表していない。


●スリちゃんの登校初日に同行しなかったことについて
 'Kate and I both knew that I wouldn’t be able to be there…with Suri, if she had asked me to be there I would have been there…I would have worked it out in any way I could. Well it’s also something where – I think the press and everyone – there are many different circumstances with that. One is the circus of Suri’s first day of school that the press wanted ..look, we do the best we can to try to think about things and mitigate that stuff as best we can.'

「ケイティも私も、私が当日娘とともにはいられないということがはじめからわかっていた。もし娘にお願いされていたら何としてでも出席しただろうけど、そこにはプレスほかたくさんの人もいて、いつもとは違う環境だった。スリの登校初日はマスコミが欲しがるサーカス(見せ物)であることはわかっていたから、我々はいろんなことを考慮しできる限りのことをして物事を鎮めようとした」
また映画のスケジュール上どうしても無理だったことを認め、かといってそれが「娘を拒絶している」ということにはならない。とも。

(やっぱトムはケイティじゃなくてケイトって呼んでたんだね)

●その他

(トム側)は、ケイティの広報チームが外出するたびにパパラッチを呼んでいたと主張。
ケイティの広報は、毎回ケイティがマンションを出るたびにパパラッチをよび、ドアマンがいつも(そのタイミングの良さに)驚いていたそうです。
またケイティと仕事のパートナーであるジェーン氏が、あることないこと言いふらしていたとも。
ちなみに、イザベラとコナーは離婚後ケイティと一切連絡を取っていないそう。


なんだか泣けてきた。
離婚の理由はいろいろあるんだろうけど、大きいのはやっぱり宗教ということに。
信仰ってなるとやっぱり難しい問題ですね。

4 件のコメント:

  1. 南アフリカに行ってから、ほとんど笑顔の写真がありませんね、初めてみた!と思ったら、ボディガードとのツーショット(^^ゞ
    早く学校に戻れるといいねー。

    トムはなぜ今頃離婚の話を蒸し返す必要があるのか・・・それはやっぱり親権を取り戻したいんじゃないかなー?スリに関しては絶対にあきらめることなく、タイミングを見はかっているように思える、、、ってのは、わたしの希望的観測かしらね?
    それ以外にはこの話をしたり、わざわざ裁判沙汰にするメリットがないように思えるからさ~。
    せめて、共同親権がとれるまで、がんばるんじゃないかな~?

    返信削除
  2. 切ないね。親からもらった大事な名前をないがしろにされる辛さ。信仰の自由が守られるはずなのに自分が信じる神様を否定される辛さ。莫大な財産が有りながら家族揃ってはいられない寂しさ。
    トムちんもケイティも幸せになりたくて一緒になったはずなのに悲しいな。

    返信削除
  3. 離婚の理由=宗教なの?なんだか疑問に感じる。
    結婚前からトムはこの宗教だし結婚すれば子供が出来る可能性も有り得る訳で、
    必然的に子供を守る=子供が出来た=離婚。という筋書きは結婚前より想像できたと思うけど。
    サイエントロジーに理解が出来ないのであれば結婚すべぎてはないけど、
    トムとの結婚に浮かれて後先考えず結婚したものの、何かが違う。って事なのかな。
    いまいち理解出来ませんけど、自分の離婚したい理由を、
    無理矢理、サイエントロジーのせいにしてるだけ?って感じも。
    じゃなければ理解出来ない宗教に入っている人と結婚しないもんね。

    返信削除
  4. ほんとにダディとの美しくほんわかしたツーショットが見たいけど、離婚時に撮られない条件があったのかも?

    様々な誹謗中傷、強い精神力じゃなきゃやってられないですね。宗教=心の支えは理解出来ます。
    サーカスって・・・スリちゃんも大変だし、トムも大スターゆえの苦悩は半端無いですね。イザベラちゃんとコナー君は、両親の二度の離婚でもしっかり育ってるのは、トムが万全にケアしてるからだと思いますよ。
    まだ小さなスリちゃんにとっては難しい問題だけど、トムに恋人が出来たら、安らぎになるでしょうに・・・

    返信削除